査定額UPのアドバイス

01査定に出す前に自分でできるだけ掃除する

写真 よごれを取るよごれを取る

取っ手の付け根部分や、チャックの淵に溜りやすいホコリ。長く使っていると、ホコリは黒ずみの原因になってしまいます。バッグの内側も含め、ガムテープやエアダスターでホコリをとりましょう。

時計などの場合は、ブレスレットの隙間に汚れが溜まりやすいため、綿棒やキズが付かない柔らかいブラシなどで、隙間の汚れなど部品の劣化を防ぐためにも出来るだけ汚れを落としましょう。

写真 掃除機やエアーダスターを使ってホコリを取る掃除機やエアーダスターを使ってホコリを取る

バッグ内の細かなゴミや、ナイロン、キャンバス生地のホコリは掃除機やエアダスターをなどを使ってなるべく除去しましょう。

写真 布でふき取る布でふき取る

皮バッグなどの汚れは乾いたキレイな布でふき取るか、ブラッシングなどでホコリを払いましょう。汚れがひどい場合は、市販の皮製品用クリーナーを使うと綺麗になります。

写真 ニオイをとるニオイをとる

タバコの臭いや香水、食べ物、カビなどの臭いは、なかなか自分では気づきにくいものです。

使用後は風通しの良い場所に一日干して臭いを取り、市販の防臭・防カビ剤などをバッグの中に入れて保管すると効果的です。

02素材別にお手入れする

革(皮)・
レザーバッグ
キャンバス
バッグ
エナメル
バッグ

写真 革(皮)・レザーバッグお手入れ方法

汚れには革専用のクリームを使いましょう。 革製品は水に弱いので乾いた布で拭きます。 防水スプレーをするとつやが出て、汚れの防止にもなるのでオススメです。

特徴

革製品は仕上げに染色してあります。 濡れると色落ちの可能性があるので注意です。

03本体以外の付属品も大事に保管しておく

写真 本体以外の付属品も大事に保管しておく箱・保存袋・ギャランティーカードなど、購入時の付属品は出来る限り保管しておきましょう。付属品の有無で査定額が大きく変わる場合もあります。

また、自動巻き(オートマチック)などの時計でメーカーで修理した場合、その際の明細書や、保証書なども捨てずに保管してください。

04自分が売りたいと思った時に売る

写真 自分が売りたいと思った時に売る「そろそろ使わないかなぁ」と思った時に、クローゼットへ入れずご連絡ください。その時が1番の売り時です。日々、新しいものが発売される現在、流行などもありますのでお早めにお売り頂くことが大切です。

アンティークなどもありますが、実は商品の価値は時と共に下がってしまうものがほとんどです。また、その時期の市況により取扱ができるブランド品も変化があります。

宅配買取サービスのご利用はこちら

買取り関連ページ

  • 買取OK/NG?!
  • ブランドオフのLINEで査定
  • 買取店舗一覧
  • 法人向け買取
  • 物件募集
  • 宅配買取センター 0120-604-117
  • CHECK IT OUT!買取強化アイテム
  • 査定額のアドバイス
  • 取り扱いブランド一覧
  • ブランドオフ買取ブログ 買取実績・高額買取