まとめて買取

ご自宅にお伺いし、まとめて買取りいたします

ブランドオフでは、ブランド品はもちろんのこと、ご自宅に眠っている着物、切手・印紙コレクション・ゴルフクラブなど、様々なご事情でご自宅に収納したままだったり、増え過ぎて場所がなくなったり、お引越前や、整理するキッカケにお声がけください。お手伝いいたします。
単品で査定をご依頼いただくより、一度にまとめて買取りさせていただくことにより、単品買取りより金額が上がる場合もございます!お近くの店舗もしくは、ご自宅へ出張買取いたします。諸経費(出張料・手数料・キャンセル料)などは一切ございません。お買取り後、基本即現金でのお支払いとなります。

対象の品目リスト、よくある質問のご確認、出張買取へのお申込みは以下の<出張査定ボタン>をクリックお進みください。

【着物】取り扱いリスト

以下の品目グレー帯をクリック/タップすると名称と簡易説明が表示されます。

留袖

●留袖

『色留袖』と『訪問着』は一見似ており、違いは地の色が黒以外で、袖におめでたい柄があしらわれているのが色留袖です。
ポイントとしては、上半身は無地で袖だけに模様があるものが色留袖になります。
昔は、色留袖も黒留袖と同じく、既婚女性のみの正装でしたが、現在では未婚者問わず着用されています。

振袖

●振袖

振袖とは、未婚の女性が着る礼装です。成人式で着用されるものです。特徴としては、着物の袖(腕にかかっている部分)がとても長いものです。
成人式以外に、結婚式の受付をする女性など用います。振袖の丈が長ければ長いほど格調高く、改まった感じになります。

訪問着

●訪問着

『訪問着』と『留袖』の違いは、留袖で紹介しましたが訪問着の方は、胸元や袖の部分につながるように模様が入っているのが特徴です。
華やかさと品を持ち、紋を付けると準礼装となり、紋なしの場合は、カジュアルに着こなせるものとなります。

付け下げ

●付け下げ

付け下げは訪問着より歴史が浅く、訪問着を作るためには非常に手間と時間がかかることから、仮仕立てせずにバランスよく反物の模様が配置されるようにする着物が作られたものが付け下げと言われるものです。
訪問着よりも格下の位置づけですが、柄の華やかさや、紋の有無により、訪問着と同格で着用されるものもございます。

小紋

●小紋

着物全体に同じ模様が繰り返されて描かれ、一方向に柄が繰り返されている着物です。ほとんどの小紋が方染めといった柄付けの技法で作られています。
お稽古着、街着などにちょうど良く、華やかな場にも着ることができます。

色無地

●色無地

柄のない黒以外の一色染めの着物です。入学式、卒業式、七五三の場で付き添い時に着るもの。紋がない物は「普段着」に分類されるもの。色無地に紋をつけて着用する方が利用頻度が多くなります。
色無地に五つ紋を付けると非常にかしこまった式服となります。三つ紋は順礼装となり、無紋は訪問着より格上となります。一つ紋の訪問着に比べて略式となります。よって、結婚式など改まった場所で着る場合には、紋無しの色無知ではなく一つ紋以上の色無地が正しい。

●紬

糸の段階でいろいろな色に染められ、その糸を組み合わせて織り上げていく着物です。一番身近にある着物で、無地から柄があるものなど様々な種類があります。紬は大きく3種類に分けることができます。
1つは『結城紬』奈良時代から続く高級織物。2つめは『大島紬』鹿児島県南方の奄美群島の主島である奄美大島の特産品。三つめは『塩沢紬』新潟県南魚沼市周辺で織られている織物。

友禅

●友禅

友禅染は元禄時代に誕生し、扇面絵師・宮崎友禅斎が考案した技法で着物に模様を描いたものが始まり。現在は、型紙を用いて染色する「型友禅」と手描きで染め上げる「手描友禅」があります。型友禅の発展により、友禅染の着物は誰もが身に着けることができるようになりました。

上布

●上布

上等の麻布を指し、。苧麻や大麻から手紡ぎした細い麻糸を用いて平織にしたもの。上納布、献上布として幕府に納められていたもの。通気性に優れた張があり、水分を吸収しやすく、また発散もしてくれ、肌につかず冷たい感触。上等な朝織物で夏の衣服に最適です。新潟県の越後上布、石川県の能登上布、滋賀県の近江上布、沖縄県の宮古上布などがあります。

丸帯

●丸帯

日本で使われる女帯の一種。幅1尺8寸5分(約70cm)、長さ1丈1尺5寸(約4m36cm)以上の布地の幅を2つに折って端を縫い、帆布の帯芯を入れて半分の幅に仕立てた帯。江戸時代中期に大きくなった上方に合わせて、正装用の帯幅や帯結びが大きくなり、丸帯が考案された。重くて扱いづらいことから昭和初期に考案された袋帯にとって代わる。現在は芸者、舞子など花柳界や、婚礼衣装以外ではほぼ使われない。

袋帯

●袋帯

幅8寸2分(約31cm)長さ1丈1尺(約4m17cm)以上。袋織りで輪になった折り方でしたが、最近は二枚に織って表と裏を縫い合わせています。丸帯よりも軽い。一般的に女性用の帯を流石、男性用の角帯のうち、袋状に織られたものも袋帯と称す。男性用は幅約10cmほどである。金糸銀糸を多く用いた袋帯は礼装、準礼装用に用いられ、金糸銀糸が控えめか、使用しないものは洒落袋帯と呼ばれ、紬や小紋、付け下げ、色無地などに合わせます。

名古屋帯

●名古屋帯

幅9寸(約34cm)長さ1丈1尺2寸(約4m62cm)以上。お太鼓になる部分は袋帯と同じ幅ですが、胴に巻く部分は初めから2つに折って仕立てたもので扱いやすいのが特徴。

半幅帯

●半幅帯

並幅の半分の4寸(約15cm)の幅。並幅の帯を2つ折りにし、芯を入れたものや、単帯、袋帯もあります。帯揚げや、帯締めを使わずに自由な帯結びが可能。脇から胸にかけて華やかに飾るものとして用いられます。

反物

●反物

着物を仕立てる前の布のことで、反物の「反」は布類の長さをあらます単位です。1反は、おおよそ1人分の着物を着物を作るのに約12m、幅約34cmで長さ約12mの布が巻物のように巻かれているもの。
昔と比べ、日本人の体格は大きく変化したため、現在の反物は幅が広く、長さも長くなってきております。長さ12~14cm、幅37~38cmくらいのものが主流とされています。

和装小物

●和装小物

『草履』は鼻緒を有する日本の伝統的な履物。履物は、草履と下駄、雨草履、雨下駄などの種類があります。夏素材のものと、冬物、エナメルや革染め、佐賀錦など種類が豊富。
『足袋』は洋服でいうと靴下と同じ目的で用いられます。木綿のほかに、羽二重、キャラコ、別珍。コール天、ナイロン、テトロン、夏用の単衣仕立てのものもあります。
『帯留め』は帯締めと同じように装飾的な意味と結んだ帯を抑える目的を持っています。中央部に締めるので目線も行き、アクセントになる装飾小物です。彫金、鋳金、陶器、木彫りから、珊瑚、真珠、宝石などで装飾されたものもあります。それを細い平打ちの真田紐という帯締めに通し、お太鼓を結んだ帯の中で結び始末します。帯度目は目的に応じた場所にふさわしいものを用います。アクセサリーとしての位置づけのため、礼装、喪、お茶席などでは不適切とされ用いりません。
『バッグ』は和装用バッグのみとは限らず、最近はいろんなタイプが用いられます。但し、着物の袖に不利があるため手の長さが長すぎないもの。草履とセットでバッグの柄と鼻緒を合わせて売られているのが主流です。

※上記以外の和装などご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

着物
買取OK
強いにおい(タバコ/香水など)
色焼け
ネーム刺繍
袖・丈のお直ししているもの
ほつれ
古い年代もの
血痕が付着
脇ジミ
股ジミ
虫食い
コピー品/偽造品 ※流通しないよういたします。

【着物】よくあるご質問

  • 未仕立ての着物、帯でも買取りできますか?

    反物という扱いで一点ずつ査定しております。

  • 和装小物のみの場合は、対応していただけますか?

    帯揚げ、帯締め、帯留めなどのアクセサリー、草履やバッグなど一点ずつ査定して金額をご提示させていただいております。

  • 家の家紋が入っている紋付の着物も大丈夫ですか?

    申し訳ございません。家紋が入ったものは買取りできません。

  • 打掛や、白無垢などの婚礼衣装も買取りできますか?

    貸衣装など、運営されたところからの需要がございますので買取りいたします。

  • 着ることができないアンティークも買取りできますか?

    アンティークなら着物や帯、小物、雑貨なども幅広く買取りしております。

  • 昔のものなので作家を証明するものが無くても買取りできますか?

    作家物以外でも買取はできますが、一度拝見してからの判断となります。

【切手・印紙】取り扱いリスト

以下の品目グレー帯をクリック/タップすると状態が表示されます。

普通切手シート

●普通切手シート

  • シート
  • 台紙貼り
  • バラ

お年玉切手シート

●お年玉切手シート

  • シート
  • 台紙貼り
  • バラ

記念切手シート

●記念切手シート

  • シート
  • 台紙貼り
  • バラ

ふるさと切手シート

●ふるさと切手シート

  • シート
  • 台紙貼り
  • バラ

収入印紙

●収入印紙

  • シート
  • 台紙貼り
  • バラ

外国切手シート

●外国切手シート

  • シート
  • 台紙貼り
  • バラ

※ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

切手・印紙
買取OK
汚れている
数がバラバラ
日本のものではない
破れている
耳切れ
希少価値のついたものなら使用済でも可
買取NG 裏の粘着がないもの

【切手・印紙】よくあるご質問

  • 少量の切手でも買取りできますか?

    はい、少量の切手でも買取りしております。

  • 切手はシートではなく、バラ切手だと買取りできますか?

    問題ございません。バラ切手でも買取りしております。

  • 普通切手と記念切手の違いって何でしょうか?

    「普通切手」は郵便料金の支払い目的で買う切手のこと。「記念切手」は何らかの行事を記念して、発行されるシート型の切手のことです。

  • 使用済みの切手でも、買取りしてもらえのでしょうか?

    切手によりますが、古く価値のあるもの、消印があっても買取可能のものもございます。

  • 旧デザインの収入印紙は買取可能ですか?

    現在、旧デザインの収入印紙は買取りしておりません。旧デザインの収入印紙がお手元にある場合は郵便局へお持ちください。
    買取りはしてくれませんが、手数料が1枚5円で新しいデザインの印紙に交換してもらえます。但し、破れているものは交換不可となります。

  • 裏に糊がないものは買取りできますか?

    買取りは出来かねます。予めご了承ください。

ブランドオフ 出張買取ポリシー

ブランドオフでは出張買取サービスを提供するにあたり、お客様にご安心頂くこととご満足頂けることを最大の目的として、以下の点を出張買取ポリシーとして掲げます。

  • 1. お客様からのご依頼を受けることなくお客様宅に訪問し、強引で執拗な買取を行う、いわゆる「押し買い」行為はしません。
  • 2. お客様がお申し込み時に特定した品目以外の商品の買取を、しつこく勧誘する等の迷惑行為はしません。
  • 3. お宅に訪問した際、会社名、会社所在地、査定担当者名を名乗り、訪問目的を説明をすることを徹底いたします。

クーリングオフ制度について

ブランドオフ出張買取サービスでは、法律で規定されている以下クーリング・オフ制度に遵守いたします。

  • 1. お客様が出張買取でお申込み(ご契約)された場合、ご契約日から8日を経過するまでは、書面により無条件でお申込みの撤回(以下「クーリング・オフ」)ができ、その効力は書面を発信した時(郵便消印日付など)から発生します。
  • 2.この場合お客様は、(1)損害賠償および違約金の支払いを請求される事はありません。(2)すでにお客様に代金が支払われている場合、お客様に代金を除く「代金の返還に要する費用」や「利息」の支払い義務はありません。(3)既に、物品の引き渡しが行われているときは代金を返還頂きましたら、速やかに商品の返還をうけることができます。(4)物品の引き渡しが行われ、更に第三者に転売された場合でも、クーリング・オフされた場合は、第三者(善意無過失の者を除く)に対しての、物品所持権を主張することが出来ます。
  • 3. クーリング・オフ期間中は、引き渡しの期日の定めがある場合でも現品の引き渡しを拒むことができます。その場合、事業者は物品の引き渡しまで代金をお支払いしなくともよいことになっています。
  • 4. 上記クーリング・オフの行使を妨げるために事業者が不実の事を告げたことによりお客様が誤認し、または威迫したことにより困惑してクーリング・オフを行わなかった場合は、クーリング・オフ妨害の解消の為の書面が交付され、その内容について説明を受けた日から8日を経過するまでは書面によりクーリング・オフすることができます。
  • 買取OK/NG?!
  • ブランドオフのLINEで査定
  • 買取店舗一覧
  • 法人向け買取
  • 物件募集
  • 宅配買取センター 0120-604-117
  • CHECK IT OUT!買取強化アイテム
  • 査定額のアドバイス
  • 取り扱いブランド一覧