腕時計『経済的な寿命』

腕時計2017年2月21日

故障の原因は!?

腕時計は、ほぼ毎日身に着けて使用したり、服装により別の時計があれば替えたりしていると思われます。動かなくなる理由は、使用頻度や、所有年数によって異なりますが、多くは落としてしまったり、オイルの劣化などで固まったりしたことが原因となります。

オイルやグリースの劣化やホコリによる腐食、防水性能が落ち、ガラス内面に曇りなどが出た場合には即オーバーホールをおすすめいたします。

1. 機械式腕時計には

  • 消耗品や順消耗品のパーツがあります。
  • 防水用パッキン
  • ゼンマイ・ゼンマイを収納する香箱
  • 巻き真が錆びる(リューズに設置されたパッキンの劣化)
  • プッシュボタンが固まる
  • 穴石の油が切れる
  • ゼンマイが切れる(常に強いストレスが掛かるゼンマイは簡単に切れてしまいます)

2. 時計修理に出す主な原因トップ10

  • ① 止まってしまう、時々止まる
  • ② リューズ不良(巻き真劣化)
  • ③ 時間調整
  • ④ 遅れ
  • ⑤ 進んでしまう
  • ⑥ 定期的なオーバーホール
  • ⑦ 針外れ
  • ⑧ クロノグラフ不良
  • ⑨ 磁気帯び
  • ⑩ ガラス曇り、水入り

3. オーバーホール時期って??

オーバーホールをすれば、半永久的に使えるとは限りません。必ず、寿命が時計にもやってきます。逆に、オーバーホールをしていない時計は、約10年※1程度で寿命がやってきます。3~5年に1度の定期的なオーバーホールをしましょう。

オーバーホールをすることで、パーツの劣化による故障を防ぐことができ、より長く使え、品質が保たれる訳なのです。但し、定期的にメンテナンスをしても、20年~30年が時計の経済的な寿命の目安と言われています。
※1 適切なオイルが使われていれば10年は動くとも言われています。それは、オイルがここ10年で進化した結果です。

現代社会における時計で1番気をつける必要があるのは、スマートフォンです。
持ち物として、腕時計を着けて生活をしたり、自宅で外した場所に潜む故障を引き起こす場所を見直しましょう。机に外した腕時計とスマホを置いたり、パソコンと並べて生活をしていませんか?

家の中にはキケンがいっぱい

今やスマートフォンには、必ず音楽プレイヤーとしての機能があります。スピーカーには強力なマイクロ磁石が潜んでいるのです。ノートパソコンも同様です。

磁気帯びでの原因との説もあるとか。スマートフォンからは、最低でも5cm以上は離しましょう。磁気帯びした時計の修理代は無料の場合もありますが、費用が掛かるとして1,000円~2,000円程度が一般的です。

長く愛用するか、一定時期を見て売るか、売って新しい腕時計を購入するかなど、検討してみてください。
祖父から受け継いだが、オーバーホールをしたら自分ではカバーできない費用だったり、品物の状態にもよりますが売却したら、思わぬ買取金額になっているケースもあり、高級腕時計の投資家もいるくらいなので、「贅沢品」ではありますが、いろんな意味で奥が深く腕時計って魅力的ですね。

時計ブランド アフターサービス
<ROLEX ロレックス>

メーカー保証期間 購入後より5年
オーバーホール推奨期間 使用状態によるが、5年毎を推奨
オーバーホール納期 日本ロレックス発行の見積りに了承後から、約4週間
オーバーホール
<オイスター>
パーペチュアル 43,000円
デイジャスト 43,000円
デイデイト 55,000円
デイトジャストI 44,000円
デイトジャストII 55,000円
手巻き カレンダーなし 40,000円
手巻き カレンダーあり 43,000円
<オイスタープロフェッショナル>
エクスプローラー 43,000円
エクスプローラーII 45,000円~
GMTマスター 45,000円~
コスモグラフ デイトナ 60,000円

※エクスプローラーIIおよび、GMTは品番により、金額が変わります。

<IWC>

メーカー保証期間 2年
オーバーホール推奨期間 不具合がなくても、購入後約5年経過した場合、推奨。
オーバーホール納期 約4週間~具合に応じて
オーバーホール
クォーツ 45,500円
機械式(手巻き・自動巻き) 56,500円
クロノグラフ 66,500円
コンプリケーションモデル 150,500円
ハイコンプリケーション 266,500円
ビンテージ スイス本社見積もり

<OMEGA オメガ>

メーカー保証期間 2~4年(モデルにより異なる)
オーバーホール推奨期間 通常4年前後毎を推奨
オーバーホール納期 4週間前後(本国から、部品取り寄せ、本国メーカー修理の場合を除く)
オーバーホール ※1985年以降のキャリバーの場合、ストラップモデル料金
クロノグラフ以外 クォーツ 48,600円
クロノグラフ以外 メカニカル 60,480円
クロノグラフ クォーツ 54,000円
クロノグラフ メカニカル 82,080円
修復 最低価格162,000円
特殊な時計 最低価格108,000円
その他、年代、付加機能付きなどの基本料金は
オメガカスタマーサービスページ(https://www.omegawatches.jp/ja/customer-service/)にて

<FRANCK MULLER フランク・ミュラー>

メーカー保証期間 2年 但し、保証は機械内部の自然故障のみ対象。リピーターや、トゥールビヨンなどのコンプリケーションは5年。
オーバーホール推奨期間 3~4年毎
オーバーホール納期 約4~5週間。コンプリケーションはさらに期間が必要。
オーバーホール
クォーツ 42,000円
手巻き(3針) 66,000円
自動巻き(3針) 72,000円
クロノグラフや特殊機械モデル 96,000円~
バーチュアルカレンダー 14,400円~
コンプリケーション(リピーター、トゥールビョン等) 250,000円~ ※2016年11月現在

買取り関連ページ

  • 買取OK/NG?!
  • ブランドオフのLINEで査定
  • 買取店舗一覧
  • 法人向け買取
  • 物件募集
  • 宅配買取センター 0120-604-117
  • CHECK IT OUT!買取強化アイテム
  • 査定額のアドバイス
  • 取り扱いブランド一覧
  • ブランドオフ買取ブログ 買取実績・高額買取