汚れやほつれ、破れがあるバッグは買取できる?

選べる買取方法!
買取実績を探す
カテゴリから探す
ブランドバッグ 財布/小物 時計 ブランド衣料/雑貨 ジュエリー その他
ブランドから探す
バッグ
エルメス シャネル ルイ・ヴィトン
財布・小物
エルメス シャネル ルイ・ヴィトン
ブランド時計買取
ロレックス エルメス シャネル ルイ・ヴィトン
ジュエリー
カルティエ ブルガリ エルメス シャネル ルイ・ヴィトン
ブランド衣料買取
エルメス シャネル ルイ・ヴィトン
その他ブランド品買取
エルメス シャネル ルイ・ヴィトン

汚れてボロボロのブランドバッグは買取できる?高価買取のコツを解説

ブランドバッグの買取では、商品の状態によって査定額が変わります。

高価で高品質なブランド品を購入しても、使っているうちに汚れたりボロボロになったりすると、売るときに買取額が下がってしまいます。

ボロボロのブランド品を買取に出す場合、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

今回は、ブランド品を査定する際のポイントや、汚れてボロボロのブランドバッグを買取に出す際の注意点などを紹介します。

汚れてボロボロのブランドバッグでも買取できる

汚れてボロボロのブランドバックは、買取が可能でもどのくらい汚れているのかで買取価格が変わります。

また、買取不可とされることもあるため注意が必要です。

最初に、ボロボロのブランドバッグの買取価格や、買取不可になるケースを紹介します。

汚れのレベルで買取価格は変わる

ブランド品の汚れは買取価格に影響しますが、軽度の汚れであれば、査定額が大幅に低くならないこともあります。

反対に、ボロボロになるほど使い込んだものは、ほとんど価値がない場合もあります。

ブランド品は、以下のカテゴリーごとに査定額が異なります。

※買取業者によってカテゴリー分けは異なります。

  • 新品・未使用品(未使用で、購入時と同じ状態のもの)
  • 非常に状態の良い中古品(数回使用したが、ほぼ新品未使用の状態)
  • 状態の良い中古品(傷や汚れがなくきれいなもの)
  • 使用感のある中古品(多少の傷や汚れがあるもの)
  • 目立つ汚れや傷のある中古品(使用感が目立つもの)

ランクが高いほど査定額も高くなり、ランクが低いほど査定額も低くなります。

汚れや傷が目立ち、使用感があるブランド品の場合、買取不可とされることも少なくありません。

汚れてボロボロのブランドバッグは、新たに買い手を見つけるのが難しいからです。

ただし、汚れ具合をどのように判断するのかは、買取業者ごとの基準によります。

例えば、A店では断られたものでも、B店では買い取ってもらえるというケースも珍しくありません。

汚れてボロボロのブランドバッグを買取に出したい場合は、諦めずに買い取ってくれる業者を根気よく探しましょう。

ボロボロのブランドバッグが買取されにくい理由

最初はきれいだったブランドバッグも、使っているうちに劣化してボロボロになり、汚れが目立ち擦り傷などもついてしまいます。

基本的にブランド品は、汚れていたり、ボロボロになっていたりするものは高価買取される可能性が低いです。

なぜなら、買取業者は、一般的に「買い取ったものを再度販売して利益を得る」というシステムで運営されているからです。

汚れてボロボロのブランドバッグは購入されないリスクがあり、売るためには販売価格を抑えざるを得ません。

そのため、査定時の金額はどうしても低くなってしまいます。

差額には買取店の利益や人件費、手数料などを含めなければなりませんが、販売価格が安いと必要経費の確保も難しいでしょう。

その結果、汚れてボロボロのブランドバッグは、買取店にとっては「リスクが高く利益を見込めない」商品となり、買取を断られることがあります。

汚れてボロボロでも買取してもらえるブランドバッグの特徴

汚れてボロボロでも、ブランドによっては買取をしてもらえることがあります。

ここでは、ボロボロでも買取してもらえるブランドバッグの特徴、買取を成功させるコツを紹介します。

人気で需要の高いハイブランドバッグ

ハイブランドと呼ばれるブランドのバッグは人気があり、需要も高いため、ボロボロでも買い取ってもらえる可能性があります。

ハイブランドと呼ばれるブランドは、シャネル、エルメス、ルイ・ヴィトンなどです。

ハイブランドの場合、中古品を安く買うという選択をする人が多いです。

世界的に人気があり、需要があるため、汚れてボロボロのブランドバッグでも売れる可能性があります。

また、希少価値の高いアイテムや、入手困難なブランドバッグなどはさらに高価買取のチャンスがあります。

修理可能なバッグ

汚れてボロボロのブランドバッグでも、買取業者が「修理できる」と判断すれば高価買取まではいかないにしろ、買取される可能性はあります。

修理できるかどうかは買取業者によって異なるため、明確な基準はありません。

ブランドバッグを売却する前に、修理に出すか迷った場合は事前に買取業者に問い合わせましょう。

また、ブランドの正規店以外で修理を依頼する場合は、買取査定に影響が出ることもあるので注意しましょう。

例えば、シャネルやルイ・ヴィトンなどの高級ブランドでは、ブランドバッグを正規店で修理しないと改造品と判断されます。

改造品と判断された場合、買取価格が大幅に低くなるため、自己判断で修理をせず買取業者に相談することが大切です。

付属品が揃っているバッグ

ブランドバッグの場合、ギャランティカードや箱などの付属品があれば、ボロボロでも買取される場合があります。

付属品は、ブランドバッグの真贋や状態を判断する項目のひとつであり、査定額に影響します。

そのため、使用していたベルト部分やショルダーストラップが摩耗していても、捨てずに保管しておきましょう。

ブランドバッグそのものと、ベルト部分やショルダーストラップなどの付属品を買取に出すことで、高く売れる可能性があります。

また、ボックス、保存袋、ギャランティカードは、未使用品でもない限りほぼ影響しません。

汚れてボロボロでも高価買取できるブランドバッグ

汚れてボロボロでも、世界的に有名なブランドであれば買取をしてもらえる可能性が高いです。

また、種類によっては高価買取も期待できるでしょう。

そこで、ボロボロでも買取が可能な有名ブランドを紹介します。

「ボロボロ」の度合いによっては高価買取、買取そのものが難しい場合がございます。

ルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトンは、高く売れるブランドバッグの代表です。

特にモノグラムデザインは有名で、高額査定になりやすいでしょう。

ほかにも、エピ、ダミエ、ヴェルニなどの素材も人気が高いです。

モノグラムだけではなく、一目見てルイ・ヴィトンだとわかるようなデザインは人気があります。

ブランドを象徴するようなデザインのブランドバッグなら、ボロボロでも売れる可能性があるでしょう。

エルメス

エルメスのバーキンは、世界中のエルメス愛好家の憧れの的です。

バーキンは、エルメスのバッグのなかでも特に需要の高いブランドバッグといえます。

また、販売価格が高い傾向にあるのもポイントのひとつです。ボロボロでも、高値で取引されることがあります。

バーキンのほか、ピコタン、ケリー、コンスタンスなど、エルメスの人気バッグはたくさんあり、希少なカラーや限定品であればより高額買取が期待できます。

グッチ

グッチのバッグは、GGモノグラムが目を引くGGキャンバスブランドバッグが人気です。

持ち手が竹でできたバンブーブランドバッグは、一目でグッチのバッグだと分かります。

他にもシェリー、グッチシマ、ソーホーなど有名なデザインのバッグが多いです。

グッチのバッグは機能性に優れた実用的なアイテムであり需要が高く、特に高値で取引されることがあります。

シャネル

シャネルのバッグはバリエーションが豊富で、様々なデザインから選ぶことができます。

代表的なブランドバッグは、マトラッセ、コココクーン、カンボンなどがあり、実用性に優れたバッグも需要があります。

特にマトラッセは全世代の女性から人気があり、落ち着いたカラーや可愛らしいカラーまで需要が高いアイテムです。

なかでも、ヴィンテージシャネルが人気の今、他のブランドと比較して高価買取の可能性があります。

型崩れや金具の破損がある場合でも査定をしてもらい、買取価格の確認をおすすめします。

汚れてボロボロのブランドバッグを高価買取してもらうコツ

ブランド品は、使用感があったり、汚れが目立つものは買取価格が下がります。

しかし、お手入れをしっかり行い、高く買取してもらえそうなお店を選べば、適正価格で買取してもらえる可能性があるでしょう。

ここでは、汚れてボロボロのブランドバッグを売る際の注意点を紹介します。

再販ルートの多い買取業者に買取に出す

ブランド品の再販ルートが豊富な買取業者であれば、目に見えて汚れているブランド品でも売れる可能性が高いです。

特に、国内だけでなく海外にも販路を持っている業者がおすすめです。

世界中で有名な高級ブランド品は、海外での需要が高く、日本よりも好条件で取引できる場合があるためです。

また、近年はアジア圏でも高級ブランドの需要が高まっています。たとえ汚れてボロボロのブランドバッグでも、日本よりも買い手が見つかりやすい場合もあります。

そのため、アジアに販路を持っている店舗でも、積極的に商品を仕入れています。

購入した商品ごとに最も有利な条件で売却できる場所を選べるため、アジアに限らず世界中に豊富な販路がある買取業者が理想です。

ホームページに再販ルートが掲載されていることがあります。

汚れてボロボロのブランドバッグがあれば、査定に行く前に販売店舗を検索してみましょう。

汚れや臭いを取ってから買取に出す

汚れや臭いは、買取価格に影響する要素のひとつです。

買取の可能性を高めるためにも、汚れや臭いを落としておくとよいでしょう。

ポイントは、無理にクリーニングしようとして、バッグを痛めないことです。

例えば、バッグの金具によく見られる緑色のサビを爪楊枝で落とし、柔らかい布で拭きます。

拭き取る際は、サビがブランドバッグの内部に入らないように注意しましょう。

ただし、スプレーを使用したり天日干ししたりすると、素材が変質することがあります。

汚れや臭いの除去は、自分でできる範囲のみで対処することが大切です。

複数の買取業者で査定してもらう

汚れてボロボロのブランドバッグでも買い取ってくれる業者もあります。

しかし、業者によっては、独自の基準で「破損や傷があるものは買い取らない」としている場合も多いです。

断られたからと諦めず、複数の業者に問い合わせてみましょう。

また、なかにはキャンペーンで買取対象ブランドが強化されていることもあります。

通常よりも高く買い取ってもらえる場合もあるため、事前に確認しましょう。

付属品を揃えて買取に出す

購入時に付属していた保証書やギャランティカードなどの付属品をセットで買取業者に査定に出しても買取額はアップしないかもしれませんが、持っているものは査定に出すことをおすすめします。

保証書は商品の状態や真贋を判断するためのもので、保証書の有無で査定額が変わります。

ショルダーストラップやベルト部分が摩耗していても、捨てないようにしましょう。

ブランドバッグ本体と付属品をセットで売ることで、高く売れる可能性があります。

需要の高い時期に買取に出す

汚れてボロボロのブランドバッグでも、市場での需要が高ければ高く売ることができます。

例えば、ドラマや映画で出演者が持っていたり、SNSでインフルエンサーを中心に流行している商品は高くなる傾向があります。

SNSやメディアの最新情報で、持っているバッグの需要があるかどうかチェックしましょう。

また、買取業者のホームページで、需要が高いかどうかを判断することもできます。

買取を強化しているアイテムであれば、汚れてボロボロのブランドバッグでも高価買取してもらえる可能性があるでしょう。

汚れてボロボロのブランドバッグ買取時の注意点

汚れてボロボロのブランドバッグでも、自己判断で諦めずに査定に出すのがおすすめです。

特に、汚れやダメージがひどいと修理やメンテナンスが必要になり、査定額が低くなる可能性が高いです。そのため、複数の買取店で査定を受けて、最も高い査定額を提示してくれるお店を探しましょう。

ただし、下記に該当する場合は買取対象外となる可能性が高いため注意しましょう。

  • シリアルシールなし
  • 刻印やタグが確認できない
  • 直営以外で色塗りしている

なお、最近のシャネルのように元々シリアルシールがないアイテムもあります。(以前のシャネルにはシリアルシールはあります)

元の付属品がわからない場合は、査定時に聞いてみる方法も有効です。

ブランドオフはブランドバッグを高価買取中!

現在ブランドオフでは、ボロボロになったブランドバッグを高価買取中です。

全国約40店舗展開中で各店舗にブランド品を熟知したプロの査定士が在籍、業者専用のオークションも運営してるので、最新の相場に合わせた買取が可能です。

状態が良ければ想像以上の買取金額がつく可能性があるため、ブランド品の買い取りをご検討中の方はぜひ当社ブランドオフにご相談ください。

店頭宅配出張の3つの買取方法に加えて、LINE査定も行っております。

ブランド品を売るなら、ぜひブランドオフへ♪

買取方法

質・買取センター無料お問い合わせ 受付時間10時〜19時 フリーダイヤル 0120604117 その場で気軽にLINE査定