宅配買取とは?危険と言われている理由・注意点・トラブル事例を解説

選べる買取方法!
買取実績を探す
カテゴリから探す
ブランドバッグ 財布/小物 時計 ブランド衣料/雑貨 ジュエリー その他
ブランドから探す
バッグ
エルメス シャネル ルイ・ヴィトン
財布・小物
エルメス シャネル ルイ・ヴィトン
ブランド時計買取
ロレックス エルメス シャネル ルイ・ヴィトン
ジュエリー
カルティエ ブルガリ エルメス シャネル ルイ・ヴィトン
ブランド衣料買取
エルメス シャネル ルイ・ヴィトン
その他ブランド品買取
エルメス シャネル ルイ・ヴィトン

宅配買取とは?危険と言われている理由・注意点・トラブル事例を解説

ブランド品や洋服、貴金属や時計など、どのご家庭にも「使わないけど捨てるのはもったいない」というアイテムがたくさんあるのではないでしょうか。

これらを処分して新しいブランド品の購入資金に充てられる便利な方法が、買取業者やリサイクルショップの「宅配買取」です。

店舗に持ち込む買取方法が有名ですが、店頭買取よりも宅配買取の方が簡単で依頼しやすい方法だといえます。

しかし、宅配買取は荷物として送り、査定をされるため不安を覚える方も多いでしょう。

今回は、宅配買取を利用することに不安のある方、売却経験がない方に向けて、宅配買取の注意点、メリット・デメリットを紹介します。

宅配買取とは|危険な理由はある?

宅配買取は自宅から不用品を発送し、買取をしてもらう方法です。

大手で宅配買取の実績がある業者に依頼を擦れば、危険な取引ではありません。

最初に、宅配買取とは何か、出張買取との違いを見ていきましょう。

宅配買取と出張買取の違い

宅配買取は、自分で不用品を梱包して業者に発送し、額面で査定や買取してもらう方法です。

梱包用の箱は「買取キット」として無料で提供している業者が多く、ほとんどの場合は発送も無料でできます。

ただし、買取価格に納得しないままキャンセルすると、往復の送料を負担しなければならないことが多い点に注意が必要です。

一方、出張買取は買取業者のスタッフが依頼者の元まで出張し、商品の査定と買取額の支払いまでを行う方法です。

お店にもよりますが、ほとんどの場合、鑑定士の出張費や鑑定料は無料です。また、査定額に納得がいかない場合は、キャンセルすることができます。

宅配買取のメリット・デメリット

宅配買取には、メリットだけではなくデメリットもあります。

ここでは、宅配買取を利用する前に知っておきたいメリットとデメリットを紹介します。

宅配買取のメリット

宅配買取のメリットは、わざわざ店舗に出向く必要がない点です。

空いた時間に売りたい品物をダンボールに詰めて送るだけで、査定や買取をしてもらえます。

また、宅配買取は対面ではなく、思い立った時に商品を送るだけなため、簡単にブランド品や不用品を売ることができます。

電話やインターネットから手軽に査定の申し込みができ、メールで査定結果の連絡が来るため便利です。

さらに、発送に使うダンボールや伝票も無料で用意してくれる業者が多いため、店頭で購入するよりも手軽に査定を依頼できるでしょう。

送料は業者が負担してくれることが一般的で、査定の結果「0円」となった場合でも、引き取ってもらえる業者であれば最終的に損をすることはありません。

宅配買取のデメリット

宅配買取のデメリットは、スタッフの顔が見えないため買取金額の説明が聞けないことです。

査定額が思っていたより低かった場合、鑑定士に直接理由を説明してもらうと納得でき、査定額も信頼できるため安心です。

また、店舗に持っていく必要はないものの、ダンボールに入れて送る必要があります。

ほとんどの場合、送料は無料ですが、キャンセル時の返送に送料がかかる業者もあるため、返送料がかからない業者を選ぶとよいでしょう。

宅配買取の不安やトラブル事例

宅配買取を利用した人のなかには、トラブルに見舞われたケースもあります。

ここでは、宅配買取で起こったトラブル事例をいくつか紹介します。

予想していたよりも買取価格が安かった

買取価格が予想よりも安かったというケースです。

ホームページに記載されている買取価格よりも大幅に低かったケースもありますが、相場を知らずに期待しすぎていた事例もあります。

いずれの場合も、査定価格に納得がいかなければ、買取のキャンセルが可能です。

しかし、キャンセルが難しい、もしくは不可能なケースもあります。

例えば、「キャンセル料や返送料がかかる場合」と「自動承認が設定されている場合」です。

キャンセルにお金がかかる場合は、納得がいかない金額でも売ってしまう人も多いでしょう。

価格がつかない商品を勝手に処分された

宅配買取の場合、商品に価値がない場合もありますが、買取価格がつかない商品を自動的に処分する方針の業者もあります。

値段に見合わないのであれば返品してほしいとお願いしても、「すでに処分されているので返品はできない」といわれる事例もあります。

商品の返却を依頼したら送料負担と言われた

多くの場合、商品を送る送料は無料ですが、買取をキャンセルしたときに返却にかかる送料は買取業者によって異なります。

トラブルの原因は、商品に「送料無料」「キャンセル料無料」と書いてあっても、「返送料が無料ではない」というパターンもあります。

どのような項目が無料サービスに含まれるのか、十分に確認しましょう。

返送を依頼した商品を紛失された

業者の過失で商品が紛失し、補償として商品の売上金額が依頼者に振り込まれる事例があります。

実際には紛失しておらず、安く買い取るために紛失したと偽り、「当社規定額」という低い金額で補償した可能性は否定できません。

査定額の連絡が来ず商品を持ち逃げされた

査定を依頼した商品を盗むという、完全に悪質なケース、ただの盗難です。

ほとんどの買取業者では窃盗事件は起こりませんが、窃盗目的で広告を出し、市場では考えられないような価格で買い取ると謳うことは理論上可能です。

実績のない請負業者は、盗難被害に遭うリスクがあります。

宅配買取を安全に利用するための注意事項

査定したい物を発送する資材がないときは、ダンボールと申込書、着払い伝票がセットになった宅配キットを送ってくれる店も多いです。

便利な宅配買取サービスですが、ここでは注意すべき点を5つ紹介します。

確認せずに申し込みをしてトラブルに巻き込まれないよう、頭に入れておくといいでしょう。

注意事項①送料や手数料などの負担

宅配買取の場合、商品を送る際の送料や買取金額を振り込む際の振込手数料など、売却にかかる費用が発生します。

各費用を依頼者が負担するのか、買取業者が負担するのか、必ず確認しましょう。

多くの買取業者では、お店が負担していることが多いようです。

しかし、なかには条件を付けて無料にしている買取業者もあります。

例えば、「買取価格が〇〇〇円以下の場合、送料と振込手数料はお客様負担になります」などです。

送料無料と明記してあるにもかかわらず、小さな注意書きで条件を表示しているショップには注意しましょう。

注意事項➁クーリングオフの扱い

クーリングオフ制度とは、契約の申込みや締結をした場合でも、一定期間内であれば無条件で契約を解除できる再考制度です。

クーリングオフ制度を利用することで、依頼者は商品購入後にクーリングオフができ、本当に適切な取引だったのかを判断できます。

じつはこの「クーリングオフ制度」は、商品を買うときだけでじゃなくて、売るときにも使えるんです(※条件はあります)

「買取」にもクーリングオフが適用されることがあり、「買い戻し」という形で取引を中止できます。

しかし、店舗買取と宅配買取では、クーリングオフは適用されません

理由は店舗買取と宅配買取は、消費者の意思で商品を受け取ったり、送ったりする必要があり、事業者がそれを強要することはないためです。

消費者にはゆっくり考える時間があるため、クーリングオフは適用されません。

宅配買取では、査定価格に納得できなければ対面でキャンセルする気まずさがなく、自分のタイミングで売るかどうかを決めることができます。

事前に概算価格を知ることができるオンライン査定サービスを利用すれば、送る前におおよその査定価格を知ることができるため、トラブルを防ぐことができます。

注意事項③値段のつかなかった商品の扱い

査定価格は、中古市場価格、需要と供給のバランス、在庫状況、商品の状態など複数の要素を考慮して決めます。

中古品のなかには値段が付かないものもあるため、値段が付かなかった場合はどうなるのか必ず確認しましょう。

基本的には、値段がつかないものは返品や引き取りが可能です。買取業者にも得意・不得意な商品があるため、「査定に出したお店では値段がつかなかったものの、別のお店では値段がついた」という事例もあります。

そのため、自分で「返却」や「引き取り」を選択できるかどうかは必ず確認しておきましょう。

注意事項④買取の承諾が自動承認であるか

自動承認とは、業者が査定金額を提示すると自動的に取引が成立し、買取金額がすぐに振り込まれる方法です。

当日中に現金のやり取りができるスピード感がある反面、買取金額が想定よりも低かった場合、自動的に取引が成立してしまうため、トラブルの原因にもなりかねません。

自動承認には、事前に顧客の同意が必要です。

査定申込書にチェック欄があったり、記載されていることがあります。

承諾方法については、宅配査定を申し込む前に確認しておきましょう。

注意事項⑤買取不成立となった場合の返送料の負担

査定結果が低かったため返品を希望したところ、返送料は自己負担となることがあります。

送料無料と書いてあると、返送料無料と間違えてトラブルになることもあります。

また、分かりにくい書き方として、「キャンセル料は無料」と書いてあるのに「返送料は無料ではありません」と書いてある場合があります。

キャンセルや返品について、非常に紛らわしい書き方をしている業者には注意が必要です。

宅配買取の利用手順

宅配買取を利用する際、どのような流れで査定や買取をしてもらうのでしょうか。主な流れを知っておくと、実際にサービスを利用する際にスムーズに手続きができます。ここでは、宅配買取を利用する主な手順を紹介します。

査定申し込み

申し込みフォームまたは電話で宅配査定を申し込みます。

商品の発送

宅配買取のキットが届いたら、必要書類に記入のうえ、商品を送りましょう。

査定・買取金額の提示

商品が到着次第、専門のスタッフが1点ずつ査定します。基本的には、1~2日以内に査定結果の連絡がきます。

買取金額の振込み

提示した査定金額に納得できたら、最短翌営業日には振り込まれます。

初回は本人確認の手続きが必要です。

宅配買取業者の選び方と確認事項

宅配買取業者は複数ありますが、ここでは優良業者の選び方を紹介します。

買取可能商品を確認する

買取品目が多く、売りたい商品に対応していることが重要です。業者によって、買取できる品目が異なります。

また、高く売りたいのであれば、売りたい品目に対応しているかどうかだけでなく、買い取り実績が書かれているかどうかにも注目しましょう。

料金・手数料を確認する

送料やキャンセル料など、手数料がかからない買取業者を選びましょう。

具体的には、以下のような費用がかかる場合があります。

  • 査定料
  • 買取手数料
  • 返送料
  • キャンセル料

多くの買取業者は送料無料で査定を行っていますが、業者によっては別の項目で手数料が発生する場合があります。

送料などの手数料が発生すると、その分手元に残る金額が減ってしまうため注意しましょう。

エリアを確認する

買取業者が自分の住んでいる地域に対応しているか確認しましょう。

宅配買取の対応エリアは、業者ごとに異なります。

例えば、東京23区のみ、埼玉県のみなど、関東の一部地域で対応しているなどです。

そのため、まずは対応エリアを確認し、そもそも宅配買取が可能かどうかをチェックします。

評判や評価を確認する

できるだけ良い口コミが多い買取業者を選びましょう。

口コミでは、実際の利用者の満足度が高く、買取価格やメール、電話の対応に問題がないことを確認できます。

下記のような口コミが多い業者は慎重に利用を検討しましょう。

  • キャンセルしたのに商品が返ってこない
  • 記載されていない手数料がかかった

口コミをチェックし、口コミの悪い業者は利用しないようにしましょう。

大手買取業者で、口コミや評判がよく、宅配買取の実績があると安心です。

ブランドオフは宅配買取も全国で実施中

宅配買取は大切な商品を事前に発送する必要があり、買取金を受け取る前に商品が手元から離れるため不安を覚える方も多いです。また、実際にトラブルが起こっています。

宅配買取は、自分のタイミングで依頼ができます。

そのため、残念ながらクーリングオフは適用されません。

さらに、自分で直接お店に行って売却する場合も、ゆっくり考える時間があるためクーリングオフは適用されないことを理解しておきましょう。

売りたい品目が決まっている場合は、買取の実績豊富な業者に依頼することが重要です。

ブランド品をブランドオフにお売りいただく際に、ご不安な点やご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

おおよその査定額をお知りになりたい場合は、LINE無料査定をご利用ください。

買取方法

質・買取センター無料お問い合わせ 受付時間10時〜19時 フリーダイヤル 0120604117 その場で気軽にLINE査定